魅力溢れるオールセラミックとは?

治療後も満足できるよう、歯を治す時に使う歯科材料の選び方には注意が必要です。

最新素材の中でも特に評価が高い「オールセラミックとは?」と気になっている方も多いでしょう。

オールセラミックは、従来の歯科治療でよく使われていた金属を一切使わない補綴物で、陶器だけで製造されるのが最大の特徴です。

歯を治療する時は人工の材料で欠けた部分を詰めたり被せたりしますが、その時に使う材料こそ補綴物と言います。

補綴物の種類もたくさんあり、治療費用もピンキリですが満足度の高い治療のためには費用の安さだけで歯科材料を選ばない方が賢明です。

陶器のみでできたオールセラミックが専門家の間でも絶賛されているのは、審美性と強度に優れているからです。

従来の金歯や銀歯のように、いかにも詰めていますと分かる補綴材は審美性の面で高得点をつけるわけにはいきません。

元々の歯に近い自然な色味に近い材料こそ、多くの患者さんが求めるものです。

金属製の歯はアレルギーの問題も見逃せません。

笑ったり口を大きく開けた時に金色や銀色が目立つだけではなく、金属アレルギーを引き起こす恐れもあります。

口腔内は非常にデリケートな上、詰め物をしたあとでアレルギー反応が出るケースもあるのでリスクが高い材料です。

元々アレルギーがない体質でも、金属を詰め込んでから長期間経過すると、徐々に溶け出して身体に被害を及ぼすことも考えられます。

歯に詰めた金属が溶け出し、歯茎が黒ずんで醜い状態になるケースも報告されているので、治療後も油断は禁物です。

内臓への影響を懸念する声もあがっています。

魅力溢れるオールセラミックとは?

オールセラミックなら身体に害を与える心配はないため、長期スパンで考慮しても安全性が極めて高い治療になります。

プラスチックの補填物は健康保険が適用されるので、とにかく治療費を安く済ませたい時に便利です。

ただ、治療後長期間経過してもほとんど変色しないオールセラミックとは異なり、プラスチックは劣化しやすく変色しやすいところが問題になります。

コーヒーなど色素が濃い飲み物を飲む度ステインが付着し、黄色く汚らしい色になってしまうことも嫌われる要因の1つです。

見た目が美しく自然な仕上がりになるため、軽いすきっ歯や目立つ部分の歯の矯正を行う時も、オールセラミックが活躍するでしょう。

前歯の形が理想的ではない、と悩んでいる方にも検討する価値がある歯科材料です。

現在、いくつかの種類がありますが、インレーやクラウン、ブリッジが一般的です。

インレーは詰め物のことで、歯に詰めても周りの歯と色調が著しく異なることがないので、とても人気があります。

レジン素材や金属のように治療した部分が悪目立ちすることはありません。

被せものはクラウンと呼ばれます。

土台のフレームと表面のセラミックの二重構造になっているのが特徴で、光の透過性を求める時に最適です。

メタルボンドクラウンよりも光を通しやすく反射性も抜群です。

歯の根元部分が黒く変色することもないので、歯茎の美しさも重視したい患者さんに最適です。

複数の歯を連結した被せもののブリッジも、治療でよく使われます。

事故や虫歯で歯を失ってしまっても、失った歯の両隣の歯を削ることで土台を整え、ちょうど橋を渡すようにセラミックを被せれば欠けた部分をうまく補うことが可能です。

自然な色調の歯を再現したい時は、フレームも表面もセラミック製のブリッジを選ぶのがおすすめです。

歯科治療ではメリット、デメリットを踏まえ、他の歯科材料との性質の違いも十分に説明した上で最終的に使う素材を決めます。

虫歯の場合も現在の詰め物部分を変更する方法と虫歯自体を削る方法があるので、状況次第で治療のプロセスは異なります。

虫歯は一度削っても前回の治療から時間が経っているとあらたに侵食されている可能性が強いので、虫歯部分が目立つ場合は削ってから金属の交換を行います。

セラミックをセットして接着したあと、噛み合わせの調整も問題ないか確認してから治療を終了します。

クラウンの場合も、ある程度歯が残っている場合を除き、コアの作製にも取り掛からなければなりません。

コアのために使う素材もファイバーやレジン、金属など色々種類があるので、それぞれの特徴を把握した上で一番良いものを選びましょう。

ただし神経が残っている場合、コアの作製は行われません。

患者さんの歯を削ることで支台にし、噛み合わせの型を採って被せものを作製する流れになります。

実際に治療に取り掛かる前にこういった流れも説明してくれる医師は親切です。

素材の選択に関しても、しっかり選べるよう選択肢について丁寧に教えてくれる歯科医院ならセラミック治療を任せても安心です。

セラミック治療は保険が効かないので、価格に関しても事前にきちんと説明してくれる歯科医院がおすすめです。

最安値を追求するより、カウンセリングも重視してくれる先生だと安心です。

【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院


【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院

こちらの記事では「オールセラミックが上手い東京で人気のおすすめ歯科医院」をご紹介しています。費用もかなり安いため、セラミックの差し歯を検討している方には一見の価値あり。

関連記事

  1. 横浜で前歯の白い差し歯を安い価格で

  2. 東京や神奈川でオールセラミック治療を安い価格で行う方法

  3. 東京で保険外の差し歯を格安で実現するクリニック

  4. ジルコニアとオールセラミックの違いとは?

  5. 東京で受けられる激安のオールセラミック

  6. 東京都内で保険外でも安い差し歯治療を受ける

カテゴリー別投稿

過去の投稿

  1. 東京でできる!安いオールセラミック製義歯

    2019.12.07

  2. デンティナ―オールセラミックの差し歯が安いと口コミで評判の審美歯科

    2019.09.20

  3. 大阪で人気があるインプラントよりも安い前歯の治し方

    2019.08.29

  4. 東京でセラミックの歯科治療が安いおすすめクリニック

    2018.10.09

  5. 東京でオールセラミックが上手い人気の歯科とおすすめの理由

    2018.09.26