本物の歯に近いオールセラミックとは?

オールセラミックとは?という疑問を持つ人も少なくありませんが、これは瀬戸物と同様の素材を利用しているセラミックで出来た人工の詰め物のことを指し、全てセラミックが使われているもののことです。

ですので中の方が金属などセラミック以外の素材が含まれているということはありません。

一般的な治療方法は、歯を削ったり欠けたりしたときに、その部分補うための被せ物や詰め物として使われるだけではなくインプラントや矯正治療などに利用される場合もあります。

非常に自然で本物の歯と近い状態なのが特徴です。

ところがオールセラミックにもデメリットは存在します。

そのデメリットとはどのようなものかはメリットと一緒に充分に知っておくことが重要です。

これがセラミックを利用した治療で失敗をしないようにするためのポイントでもあります。

よく挙げられるのが、問題がない歯を削らなければならないというデメリットです。

オールセラミックを使ったセラミック治療は、被せるための土台が必要となります。

歯を削り、それを土台にしてセラミックで出来たの被せ物を被せるのです。

セラミックの種類により削る量は違ってきますが、強度を維持するために、ある程度の厚みを出して作成する必要があります。

そのためセラミックで出来た詰め物をなるべく厚くするため土台になる歯を削ることが必要です。

本物の歯に近いオールセラミックとは?

オールセラミックにはデメリットを補うことが出来るメリットがたくさんあります。

例えば、全てセラミックで出来ているため一切金属が含まれていません。

ですので金属アレルギーを引き起こすような心配がないのです。

その上に劣化しないので、金属が溶解して黒く歯茎が変色するというような心配もありません。

更に健康保険が適用されるコンポジットレジンや金属などを使った詰め物と比較すると、豊富に取り揃えられたデザインと色の中から好きなものを選ぶことが出来ます。

艶がある質感や光を反射する白い美しさなどは他の詰め物などにはない特徴です。

健康保険が適用される詰め物は、コンポジットレジンと呼ばれるプラスチック製の詰め物もあります。

ところがコンポジットレジンは時間が経つのに伴って変色することが分かっていて、少しずつ黄ばんでいくのです。

とはいってもコンポジットレジンにホワイトニングの治療を施しても白くすることが出来ません。

コンポジットレジンと比較するとセラミックは変色をするということは、ほとんどありません。

何故かと言うとコンポジットレジンが変色するのは水分が吸収されることにより引き起こされるとされていますが、セラミックは瀬戸物なので水分が吸収されるようなことはないので変色しないという訳です。

また変色しない他にも、ステインと呼ばれる着色汚れもつきにくく、もしステインが付着してしまってもデンタルクリニックで行われるクリーニングやブラッシングで取り除くことが出来ます。

ステインとは紅茶やコーヒーなど色の濃いドリンクを飲んだ場合や、喫煙をした場合などに付着する着色汚れのことを指し、どんどん着色汚れが溜まっていくと、ブラッシングをしただけでは除去できなくなってしまうのです。

放って置いてしまった場合はデンタルクリニックが行うクリーニングでも取り除くことが出来なくなってしまいます。

オールセラミックは本物の歯を再現する効果が高く、治療を施したことが周囲の方たちに知られにくいと言うことが可能です。

その一方で、変色してしまったコンポジットレジンや銀歯のように本物の歯とは見た目が異なる詰め物だと、治療したことがどうしても周囲の方たちに知られてしまいます。

中でも前歯を治療するとなると周囲の方たちに頻繁に見られることになるため自然な見た目に仕上げることは重要です。

セラミック矯正と呼ばれる矯正治療にもオールセラミックは利用されています。

矯正治療と言うとワイヤーを使ったりマウスピースを使ったりする方法が良く知られていますが、その中でもワイヤーを使って矯正する方法は、矯正する場所を確保する目的で何本か歯を抜いてから矯正をする場合があるのです。

ところが、セラミック矯正で歯を抜くようなことは、ほとんどありません。

つまりセラミック治療は歯を抜くことなく部分的に歯を矯正することが出来るメリットがある訳です。

口臭についても抑えられるようになります。

差し歯の中でも口臭がしやすい素材として挙げられるのが銀歯です。

銀歯は口臭がしやすいと言われていて、長い期間に亘って装着していると歯と銀歯の間に空間が出来て、その場所に細菌や汚れが浸入することによって虫歯になる危険性も高まる上に、虫歯の症状が進行してしまうと臭いがしやすい状態になってしまいます。

それと比較すると歯とセラミックは馴染みやすく長い期間に亘って装着し続けても劣化しにくいことから空間が発生することもないので口臭がする可能性が低くなるのです。

もちろんセラミックでも歯磨きを怠ってしまうと虫歯を発症する危険性が高まるため、最低限のお手入れの必要はありますが、銀歯と比較すると口臭の可能性を下げることが出来ます。

【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院


【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院

こちらの記事では「オールセラミックが上手い東京で人気のおすすめ歯科医院」をご紹介しています。費用もかなり安いため、セラミックの差し歯を検討している方には一見の価値あり。

関連記事

  1. 横浜で施術可能なオールセラミックの良さと安いメリット

  2. デンティナ―オールセラミックの差し歯が安いと口コミで評判の審美歯科

  3. 虫歯治療に使う白い詰め物は費用がかかる?

  4. オールセラミック差し歯を安い料金でできる東京・神奈川のクリニック

  5. 保険外の差し歯で評判の高い審美歯科ならJapan Dental Frontier

  6. 東京でオールセラミックが激安でできる

カテゴリー別投稿

過去の投稿

  1. デンティナ―オールセラミックの差し歯が安いと口コミで評判の審美歯科

    2019.09.20

  2. 大阪で人気があるインプラントよりも安い前歯の治し方

    2019.08.29

  3. 東京でセラミックの歯科治療が安いおすすめクリニック

    2018.10.09

  4. 東京でオールセラミックが上手い人気の歯科とおすすめの理由

    2018.09.26

  5. 【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院

    2018.09.25