銀歯などの詰め物のデメリットとは

クリニックで虫歯を治療したことのある人は多いでしょう。

そして治療したことのある人のほとんどは口の中に金属の詰め物が入っていると言われています。

この詰め物は銀歯と呼ばれており、保険が適用されるので安く作ることができます。

また、丈夫で割れにくいといったメリットもありますが、デメリットもたくさんあることを知っておきましょう。

銀歯の素材として使われている金属は長い間使っていると少しずつ溶けてしまいます。

成分が溶け出すと歯茎に色素沈着が起こり、歯茎が黒ずんで見えてしまうのです。

黒ずみが起こるとなかなか解消することはできませんし、さまざまな治療が必要になります。

通院回数も多くなりますし、費用もかかってしまうでしょう。

また、使用している材料が体に合わないとアレルギーの原因にもなります。

銀歯などの詰め物のデメリットとは

金属アレルギーは一度発症すると体にいろいろなトラブルを引き起こすため、金属を口の中に入れる場合は注意が必要です。

アクセサリーをつけて痒みなどが出た場合、すぐに金属アレルギーを疑うでしょう。

そして、原因となったアクセサリーをつけないようにすれば問題ありません。

歯科治療でも金属はよく使われていますが、口の中の材料が原因でアレルギーが起こった場合、自身では気づきにくいとされています。

詰め物や被せものはもちろん、根の治療後につける土台やブリッジ、入れ歯などにも金属が使われています。

そして、皮膚に身につけるアクセサリーが原因となるものと違い、全身に症状が出てしまうという特徴があります。

そのためアレルギーによる症状だと気づかず、長い間苦しんでいるという人も多いのです。

金属は口の中に入れると錆びて唾液に溶け出しやすいと言われています。

溶け出したイオンが体のタンパク質と結びつくことにより、アレルゲンになってしまうということです。

口の中に入っている銀歯は何年も入ったままになりますし、溶け出した成分は体に蓄積されてしまいます。

成分が過剰に蓄積されることにより、アレルギー反応が出てしまうという仕組みです。

口の中でよく使われる金属としては、ニッケルやコバルト、銀などがありますが、違う種類の金属が入っていると微弱な電流が発生することでアレルギーが起こりやすくなるということです。

また、重度の歯周病や口内炎などが続いている場合、金属がイオン化しやすいのでアレルギーになりやすいと言われています。

銀歯など歯科材料によるアレルギーは口の中だけでなく、全身に出てしまうこともあります。

口の中に出る場合は唾液に溶け出した金属イオンが反応を起こすということです。

口内炎や舌炎、口唇炎、口角炎、味覚障害などといった症状が一般的です。

全身に症状が出る場合、取り込まれたイオンが体内のタンパク質と結合することでアレルゲンになります。

汗として排出されることにより、皮膚の表面でアレルギー反応を起こすということです。

重症化するとかなりの痛みを伴うこともあるので注意しましょう。

金属アレルギーによってアトピー性皮膚炎が起こってしまうこともあります。

アトピー性皮膚炎はダニやハウスダストなどが原因となることが多いですが、実は歯科材料が原因となってしまうこともあるのです。

一般的な治療をしてもアトピー性皮膚炎の症状が改善しないという場合、歯科材料によってアレルギーが起こっている可能性もあります。

アトピー性皮膚炎で大切なのは原因を見つけ出してそれを除去するということです。

蓄積された金属がアレルギー許容量を超えた場合、抜け毛が起こってしまうこともあります。

銀歯によるアレルギーで円形脱毛症を発症し、ほぼ全ての髪の毛が抜けてしまったという人もいるのです。

円形脱毛症の治療をしてもなかなか抜け毛が治まらないという場合、金属アレルギーによって抜け毛が起こっているのかもしれません。

その場合は口の中の歯科材料を除去することで抜け毛を改善することができます。

口の中に銀歯が入っており、気になる症状が続いている場合はアレルギーの可能性があります。

そのような場合はまず、原因となっている物質を特定するために検査を行うことになります。

皮膚の表面に金属を含んだ試薬を貼り付け、アレルギー反応が出るかどうかを調べることになります。

アレルギー反応の出る物質があった場合、原因となる材料はすべて取り除く必要があります。

金属を取り除いた後はアレルギーを起こさない材料で詰め物を作り、歯科治療をやり直すことになるでしょう。

プラスチックやセラミックなどは金属アレルギーのリスクがないため、安心して治療を受けることができます。

また、金属の中にもアレルギーのリスクが低いものがあります。

アレルギーを起こさないような入れ歯や矯正治療の装置もあるため、気になる場合はクリニックに相談してみると良いでしょう。

もともとアレルギー体質の人やアレルギー体質の人が親戚にいる場合、金属アレルギーになりやすいと言われています。

【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院


【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院

こちらの記事では「オールセラミックが上手い東京で人気のおすすめ歯科医院」をご紹介しています。費用もかなり安いため、セラミックの差し歯を検討している方には一見の価値あり。

関連記事

  1. ジルコニアとオールセラミックの違いとは?

  2. セラミック素材の差し歯の黄ばみはホワイトニングできる?できない?

  3. 東京のオールセラミックは安いクリニックで

  4. 神奈川で前歯をインプラントよりも安い治療が可能

  5. セラミックの前歯なら東京でもインプラントより安い

  6. 大阪で差し歯やセラミックの安い治療

カテゴリー別投稿

過去の投稿

  1. 東京でできる!安いオールセラミック製義歯

    2019.12.07

  2. デンティナ―オールセラミックの差し歯が安いと口コミで評判の審美歯科

    2019.09.20

  3. 大阪で人気があるインプラントよりも安い前歯の治し方

    2019.08.29

  4. 東京でセラミックの歯科治療が安いおすすめクリニック

    2018.10.09

  5. 東京でオールセラミックが上手い人気の歯科とおすすめの理由

    2018.09.26