詰め物を銀歯にすることのデメリット

虫歯になった時の歯の詰め物にはいろいろなものがあります。

一昔前は安くて丈夫だということで、詰め物としては銀歯を使うことが主流でした。

しかし、口を開けて笑った時や歌を歌った時などに目立ってしまうので、近年はお金がかかってもセラミックにする人が増えてきています。

このような、見た目の悪さが銀歯の大きなデメリットですが、実は見た目以外にも問題点がいくつかあります。

虫歯の治療で使われている銀歯は、12%金銀パラジウム合金です。

12%だけ金が使われていて、それ以外はいろいろな金属が使われています。

金以外の金属は銀がおよそ50%、パラジウムがおよそ20%、銅やその他の金属がそれぞれ数%です。

銀が一番多く含まれているので、「銀歯」と呼んでいます。

詰め物を銀歯にすることのデメリット

デメリットとして挙げられるのは、装着後時間が経つと歯や歯茎が変色して黒ずんでしまうことがあるという点です。

これも見た目の悪さに繋がってしまいます。

そして、耐久性には優れていて天然場よりも強度があるのですが、それがデメリットとなることもあります。

強度があるので、対合歯を傷めてしまうこともあるのです。

また、銀の詰め物の下で虫歯になりやすいというデメリットも軽視できません。

詰め物と言うのは、隙間を埋めているだけです。

くっつけるためのセメントは徐々に溶け出して行くので、当然わずかな隙間ができてきます。

銀の詰め物は隙間ができやすく、その隙間に汚れや細菌が入り込んでしまって、虫歯になりやすいのです。

そして、プラーク(歯垢)が付着しやすい、ということもデメリットとして挙げられます。

プラークが付きやすいということは、歯周病になりやすいということにも繋がっていきます。

歯周病は、口の中の問題だけではなく、心筋梗塞を招いたり、ガンや糖尿病や認知症やリウマチなどの発症リスクも上げているということがわかっているのです。

加えて、金属アレルギーのリスクもあります。

金属アレルギーはすぐに症状が出てくるとは限らず、何年も何十年もしてから、症状が起きることもあるので厄介です。

軽度で済むこともあれば、重症のアレルギーで悩む人もいます。

歯の詰め物が原因だとは思わずに、アレルギーの治療をしてもなかなか良くならない人もいます。

銀は口の中で酸化しやすい金属です。

シルバーのネックレスなどのアクセサリーを持っている人はすぐに白くなるという経験がある人も多いと思いますが、あの白くなるのは酸化している証です。

つまり酸化と言うのは錆びるということになります。

口の中は、唾液や飲食物の影響を受けて、アクセサリー以上に酸化しやすいです。

そして酸化しやすいだけなく、口の中の唾液や飲食物の成分と反応して金属が溶け出します。

この金属を飲み込むことで体内に蓄積されて行き、アレルギーが起きることがあるのです。

口の中が赤くなったり、舌の炎症や口内炎になることがあります。

なかなか良くならない口内炎が、虫歯の治療で偶然に銀を金属ではない物に変えたら、口内炎が綺麗に治った、というケースもあります。

また口の中だけではなく、口とは離れた場所である手足にアレルギー症状が出ることもあるのです。

このように、歯の治療のために使ったもので、別の病気を招いていることもあるため、海外ではすでに使用禁止となっている国もあります。

一昔前はよく使われていた銀も、今では患者さんに勧める歯科医師はまずいないでしょう。

「銀などの金属製の物は使いたくはないけど、セラミックは高額だから貧乏人はあきらめるしかないのかなあ」、「お金持ちだけが、高額だけど安全で見た目もきれいなセラミックを使えるのだな」とがっかりした人も多いでしょう。

しかし、近年は様々な選択肢ができてきました。

お金はかけたくないけど金属製の物は使いたくないという人のために、金属を使わない自然な色調になり見た目もきれいな、硬質レジンを使ったCAD/CAMという方法もあります。

この治療方法は保険適応になっているので比較的安価に治療できます。

高齢者で、あと数年持てば良いという場合は保険が適応されて安価なプラスチックでも十分だ、というケースもあるでしょう。

逆に高齢者で誤嚥性肺炎を予防するために歯の清潔を重視したいから、汚れが付きにくいセラミックにしたい、という方もおられます。

保険適応外ですが、セラミックほど高額ではないセラミックとプラスチックを混ぜたものやジルコニアなどもあります。

一昔前と違って、様々な選択肢があるので、歯科医師にそれぞれのメリットやデメリットをよく説明してもらい、お財布事情とも相談して、どれにするかを決めると良いでしょう。

中には、一番高価なセラミックと銀歯の選択肢しか説明しない歯科医師もいますが、2つからの選択と言うことはまずありません。

何を一番重視したいのかを伝えることが、ミスマッチを防ぐには大切なことです。

アレルギー予防を重視するのか、汚れにくいものが良いのか、とにかく安価に済ませたいのか、などをきちんと伝えましょう。

すぐにどうするのか決めるようにと、迫るような歯科医も要注意です。

家族と相談したりじっくりと考える時間をもらいましょう。

【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院


【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院

こちらの記事では「オールセラミックが上手い東京で人気のおすすめ歯科医院」をご紹介しています。費用もかなり安いため、セラミックの差し歯を検討している方には一見の価値あり。

関連記事

  1. 横浜でできるインプラントより安い前歯の差し歯とは

  2. 東京で受けられる激安のオールセラミック

  3. 虫歯治療に使う白い詰め物は費用がかかる?

  4. 大阪で人気があるインプラントよりも安い前歯の治し方

  5. オールセラミックブリッジの費用と特徴とは?

  6. 東京では前歯の高品質な保険外差し歯でも安い料金でできる!

カテゴリー別投稿

過去の投稿

  1. 東京でセラミックの歯科治療が安いクリニック

    2018.10.09

  2. 東京でオールセラミックが上手い人気の歯科とおすすめの理由

    2018.09.26

  3. 【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院

    2018.09.25

  4. 大阪で人気があるインプラントよりも安い前歯の治し方

    2018.08.19

  5. 東京でできる!安いオールセラミック製義歯

    2018.08.07