歯の詰め物にはセラミックインレーがおすすめ

口の奥の虫歯などでは傷んでいる部分を削り取った後、あいた穴の部分にインレーという詰め物を入れる場合が多くあります。

前の場合は削ったあと、白い被せものが保険適用されますが、奥の場合は保険が適用されるのは金属のみで、白い詰め物や被せものは保険適用外となり高額な費用が掛かってしまいます。

そこでほとんどの人が奥の場合は金属の詰め物をすることになるのですが、大きな口をあいて笑った時や食べ物を食べるときには見えてしまい、キラッと光ったりして見栄えはあまりよくありません。

また保険診療内で使われる金属は金銀パラジウム合金という素材のもので、元々金属アレルギーのある人は使用できず、そうでなくても長年の使用で金属アレルギーを発症する可能性もあるのです。

さらに銀が溶け出して歯茎が黒ずんできたり、口内環境が悪くなり口内炎ができやすくなったり歯周病になることも考えられます。

そこで、このように見た目も健康的にも良いとは言えない金属に替わって、セラミック製の白いインレーが勧められるのです。

歯の詰め物にはセラミックインレーがおすすめ

セラミックの素材は陶器で、透明感があり天然の歯のように自然で美しい白さをいつまでもキープできるという特徴があります。

金属の詰め物のように口を開けたら治療したことが丸わかりではなく何の違和感もありません。

またセラミックは劣化することがないことや、自分の歯とは強力な接着剤をつけることによって一体化するので、再度治療する際には金属の詰め物のようにいったん外すということをしなくてもよいのです。

表面はつるつるしているので食べ物の汚れが付きにくく、たとえついたとしてもブラッシングで簡単に汚れを落とすこともできるため、食べ物のカスによって細菌が増えることによる口臭を防ぐこともできます。

そして金属とは異なり長年使用してもアレルギーになることもありません。

インレーを作る際にも、金属なら型を取ってその方に合った金属を作ってもらうのに1週間程度の時間が必要ですが、セラミックの場合は「セレック」という機械さえあれば1時間程度、診察当日に作ることも可能です。

セラミックにはこれらのようなメリットがあり、長年にわたって安心して使える詰め物や被せもの素材です。

しかしやはり保険適用ではないので高額であることは免れないのです。

セラミックといってもオールセラミック、ハイブリッドセラミックなどと種類があり、オールセラミックは混ぜ物を使用せず中身も外見もすべてセラミックでできたもので、ハイブリッドセラミックは陶器の粒子とプラスチック樹脂を混ぜたものです。

オールセラミックは白くて透明感のある見た目を実現できることに対し、ハイブリッドセラミックの見た目は少しプラスチック感があります。

しかしオールセラミックは劣化はしないのですが、硬いために割れる可能性があるということに対し、ハイブリッドセラミックは柔らかさがありかけたり割れたりしにくいというメリットもあります。

値段に関してオールセラミックよりもプラスチック樹脂が混ざったハイブリッドセラミックのほうが低いコストで作ることができ、およその価格の相場はオールセラミックが1本5万円程度、ハイブリッドの方はおよそ3万円です。

セラミックのインレーや被せものを作るセレックという機械は3Dデータを取り込んで、コンピュータ上で成形し削り出しまですることができます。

セレックを使う治療なら、まず金属を外してから虫歯になっていないかチェックをし必要に応じて治療をした後、インレーを詰めやすいように削って形を整え、撮影をするために粉をかけ幹部を光学カメラでスキャンします。

撮影したデータを元にしてコンピュータ上で3Dで形を設計し、次に三リングマシンという機械でインレーを製作します。

出来上がれば専用の接着剤を用いて装着するという流れで、金属からセラミックに替えていくのです。

このように簡単に金属からセラミックに替えることができるのですが、あとになってから後悔しないためにも費用が掛かることや、セラミックの性質でもある硬くて割れることがあるという点をしっかり確認してから替えることが大切です。

費用は病院によって異なり、相場的には5万円程度ですが、3万円から10万円と幅があります。

また積めるセラミックを多く使うほど費用も高くなってくるので、事前に費用の比較検討やどのような治療になるかなどについてカウンセリングできるところや、さまざまな病院のサイトを見て比較検討をすることも大切です。

また治療後はあまり硬いものを食べないようにするなどの注意も必要になり、顎関節症や噛みしめる癖のある人はハイブリッドセラミックにするなど事前の検討は必要です。

費用と硬さの面でデメリットはあるものの、セラミックは金属のデメリットを補い、劣化せずアレルギーの不安を抱えることもない素材なので、金属による見た目やアレルギーの心配がある方はセラミックのデメリットも確認したうえで替えることが勧められるのです。

【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院


【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院

こちらの記事では「オールセラミックが上手い東京で人気のおすすめ歯科医院」をご紹介しています。費用もかなり安いため、セラミックの差し歯を検討している方には一見の価値あり。

関連記事

  1. 東京でオールセラミックスの差歯治療を安い料金で受ける方法

  2. 横浜で前歯の白い差し歯を安い価格で

  3. 東京のオールセラミックは安いクリニックで

  4. 大阪で受けられるインプラントより安い前歯治療

  5. オールセラミックブリッジの費用と特徴とは?

  6. オールセラミック差し歯を安い料金でできる東京・神奈川のクリニック

カテゴリー別投稿

過去の投稿

  1. デンティナ―オールセラミックの差し歯が安いと口コミで評判の審美歯科

    2019.09.20

  2. 大阪で人気があるインプラントよりも安い前歯の治し方

    2019.08.29

  3. 東京でセラミックの歯科治療が安いおすすめクリニック

    2018.10.09

  4. 東京でオールセラミックが上手い人気の歯科とおすすめの理由

    2018.09.26

  5. 【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院

    2018.09.25