セラミックは非金属で歯の理想的な詰め物

歯の詰め物には、長らく金属製の銀歯が用いられていて、セラミックなどの非金属に置き換える必要性が問われています。

このタイプも期待通りに機能しますが、非金属タイプに比べると、溶け出して臭いが発生したり、不調を来す原因になります。

金属材料の代表アマルガムは、成分に含まれる水銀が体調不良のリスクを招くことから、歯科医療業界では既に廃絶済みです。

しかし、他の金属も溶け出す心配はありますし、古い詰め物を使っている人であれば、水銀のリスクがまだ残っている恐れがあります。

種類に限らず、金属素材最大の問題はアレルギー性で、人によっては強い反応が引き起こされる点にあります。

アレルギーを持つ人が、金属製の腕時計で皮膚に痒みを覚えるように、口腔内でも炎症や腫れといった症状が起こります。

全ての人にアレルギー反応が起こるわけではありませんが、少なくともそのリスクがあるのは確かです。

ここで大切なのは、現在の状態を確認した上で取り外し、他の素材に置き換えて安全性を取り戻すことです。

今は非金属に置き換える治療が中心で、審美的にもだいぶ金属とは変わってきています。

セラミックは非金属で歯の理想的な詰め物

レジンは保険が使える歯科材料ですから、最も幅広く使われている非金属素材だといえるでしょう。

この素材自体は溶け出しませんが、土台に金属が使われていると本末転倒です。

また、傷が生じやすく汚れや臭いを吸着するので、汚れやすさや寿命が短いという問題があります。

レジンも完璧ではないので、多くの患者や医師は妥協しながら使っている状況です。

審美的には悪くありませんし、現在も進化している素材ですが、経年で劣化する欠点は改善の余地ありです。

その点、セラミックはレジンのような欠点がなく、十年以上は使い続けられる安定性を有します。

分類的には非金属ですが、プラスチックとは違う無機化合物の集合体です。

製造時に無機物が焼き固められるので、金属ではないのにとても硬く、そして同時にプラスチックのような加工性が生まれます。

それなのに傷が付きにくい素材ですから、他の素材とは異なる特徴が魅力的で、口腔内の治療に適しているというわけです。

歯科医療材料としては、詰め物のインレーを始めとして、被せ物のクラウンなどにも使用されます。

逆に、プラスチックはそもそも有機物なので、経年劣化しやすく耐久性もあまり高くないです。

一般的なレジンだと数年で黄ばみますし、早ければ数ヶ月で着色してしまうケースもあります。

ずっと使い続けていると、次第に傷に細菌が入り込んでしまい、やがて何ともいえない口臭が発生します。

入れ歯なら比較的気軽に交換できますが、詰め物となるとその都度治療が必要になるので、手間があって費用も大きく生じがちです。

結果的に、ブラッシングや口腔ケアグッズに頼って、肝心の治療は後回しになる場合が少なくないです。

直ぐに支障を来さないとしても、菌類の増加や口臭の増加は避けられないので、早めに交換を決めた方が良いでしょう。

交換先にセラミック素材を選ぶと、口臭や口腔内の問題とはおさらばできます。

細菌増殖を招く素材の劣化は、この素材だとほぼ起こる心配がなく、何時までもツヤが保てるほどなので衛生的です。

食事による汚れも、サッとブラッシングして簡単に落せますから、日頃の口腔ケアの手間が解消します。

喫煙などで着色が生じてしまっても、早めにクリニックでクリーニングをしてもらうと、新品同様に綺麗になります。

レジンでは真似できない特徴ですから、セラミックならではのメリットだといえます。

治療の際に、形や色味の要望を伝えて作ってもらうことができます。

基本的には周りの形状や全体の色味、バランスを見ながら考慮されます。

ただ、セラミックはデザイン性にも優れますから、形を整えたり色を変えるといったことが可能です。

治療を要する問題がある場合は、先に治療を済ませてから詰め物の製作に入ります。

まずは型を取る必要があるので、カメラを使って撮影をしたり、目視で状態のチェックが行われます。

次に撮影したデータを元に設計が行われ、いよいよ材料を削りだして製作されます。

ここまでの所要時間はとても短く、最新のマシンなら15分もあれば切削が完了するほどです。

最終的なチェックを経て装着するまでの時間は、最短で1本当たり約1時間程度です。

非金属なので加工性が良く、マシンで切削するので所要時間が短くなっています。

従来のレジンだと数日は必要でしたから、この点だけでもメリットは大きいと考えられるでしょう。

費用なデメリットに挙げられますが、これはコストを抑えた治療法の選択や、お得なクリニックの選択で解決します。

他にデメリットらしい致命的な欠点はないので、これから詰め物をしたり入れ替えるなら、セラミックが一番有力な選択肢となります。

審美的には最高クラスですし、ほぼ劣化せず衛生や口臭の心配はなく、溶けてアレルギーを引き起こすこともないので、まさに理想的な素材そのものです。

【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院


【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院

こちらの記事では「オールセラミックが上手い東京で人気のおすすめ歯科医院」をご紹介しています。費用もかなり安いため、セラミックの差し歯を検討している方には一見の価値あり。

関連記事

  1. 東京で安いセラミックの差し歯にするなら

  2. 大阪で前歯の差し歯にするなら安い費用の白い差し歯

  3. 大阪で人気があるインプラントよりも安い前歯の治し方

  4. セラミックインレーの特徴と詰め物にする際の費用は?

  5. 東京の保険外の差し歯は安いわけではない

  6. 東京で安い前歯治療で白い差し歯にするには

カテゴリー別投稿

過去の投稿

  1. デンティナ―オールセラミックの差し歯が安いと口コミで評判の審美歯科

    2019.09.20

  2. 大阪で人気があるインプラントよりも安い前歯の治し方

    2019.08.29

  3. 東京でセラミックの歯科治療が安いおすすめクリニック

    2018.10.09

  4. 東京でオールセラミックが上手い人気の歯科とおすすめの理由

    2018.09.26

  5. 【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院

    2018.09.25