非金属のセラミックは歯の新しい詰め物

歯の詰め物というと、従来は金属が一般的で当たり前でしたが、現在はセラミックを含めた非金属が定番です。

いわゆる銀歯は治療用の材料の定番で、費用や扱いやすさから選ばれていたものです。

しかし審美性は決して良くありませんから、仕上がりに満足できない人が少なくなかったのも、また事実です。

昔は金も使われていましたが、価格の高さや傷付きやすさがネックで、目立ってしまうのも欠点だったと考えられます。

ただ、金属が主流だったのはだいぶ昔のことで、現在は非金属系の素材が台頭して主流になっています。

レジンは費用を抑えられることから選ばれている素材で、非金属のプラスチック系を代表します。

材料自体が高価なセラミックに比べて、レジンは欠点を考慮しても無視できない素材です。

加工性に優れていて、しかもそこそこの仕上がりが実現することから、保険適応の素材に選ばれているのも納得です。

ところが、素材の特性から変色は避けられませんし、場合によっては短期間で黄ばんでしまうこともあります。

何より傷付いたり摩耗しやすいですから、定期的にチェックを受けたり、必要に応じて交換しなければいけないのがネックです。

傷に入り込む汚れが口臭の発生源になったり、雑菌の巣窟になり得るリスクもあるので、必ずしも理想的な素材とはいえないでしょう。

傷が付きやすい素材は、雑菌の増殖を招いたり口内炎の原因にもなります。

金属ではないので、使用中に溶け出してアレルギーを引き起こす心配はありませんが、治療によって使用することになる土台が金属なら同様のリスクがあります。

非金属のセラミックは歯の新しい詰め物

逆に、陶器製のセラミックは自然の光沢感が魅力的で、金属アレルギーの心配もない限りなく理想的な詰め物になります。

こちらは傷に強く、レジンのような欠点を併せ持っていないので、近年はレジンに変わって注目が高まっています。

特徴としてはまず、ダイヤモンドに近い硬さと傷付きにくさで、耐久性に優れている点が挙げられます。

硬いということは割れやすさの裏返しですが、詰め物に使用する用途においては、十分に実用的で安全です口の入り口とは最も遠い、奥歯に使用されることの多い素材なので、前歯のようにぶつけたり転んで衝撃を与える心配は皆無です。

むしろ、長期にわたって安定的に支えてくれますから、長く安心して使える素材ということになります。

一方の傷付きにくさは、口腔内の雑菌を繁殖させてしまう恐れが小さく、何時までも清潔な環境が保てることを意味します。

勿論、毎日のブラッシングや定期的なチェックは必要ですが、それでもレジンに比べれば遥かに簡単で手間も少なめです。

僅かなお手入れでも、治療した当初の美しさが保てますから、歯科医療の希望にあった素材だといえるでしょう。

質感や形状は天然と互角で、従来の詰め物のように口を開けても目立たないです。

前歯にも使えるほどの質感なので、非金属であっても他の素材で治療した人からは、嫉妬される恐れがある位です。

レジンと比べるとその自然な質感は一目瞭然ですし、妙な白っぽさや不自然な光沢はないです。

また、セラミックの詰め物は構造的に口腔疾患になりにくく、治療のコストが下げられるメリットもあります。

治療時に使用する接着剤が強力で、土台と密着させた上で一体化しますから、隙間が生じにくく雑菌を招き入れる好きがないわけです。

何時までも続くツルツルの表面もまた、雑菌の定着や繁殖を防ぐのに有効です。

ブラッシングしても、硬い食べ物を口に入れても傷が付きにくいので、セラミックで治療したからといって、口腔内の環境が悪くなることはないでしょう。

それどころか、お手入れは簡単になって清潔かつ爽やかな状態が保てます。

セラミックの真価はやはり、非金属で金属アレルギーなしの安心感にあります。

口腔内は何時も湿っていますし、雑菌類によって酸性に傾くので、金属を口に入れているとやがて溶けます。

治療に使用する金属は、体内に入っても安全な種類が選ばれますが、これとアレルギーが発生することは別です。

安全性の高い素材でも、人によっては反応してしまいますから、そうなるとアレルギー症状に結び付きます。

症状や程度は人によりますが、炎症が常態化したり、腫れた部分に雑菌が入り込んで口臭が発生するなどがあります。

非金属でしかもアレルギーの心配がない素材は、安心して詰め物にできますし、見た目も舌触りも自然なので高い満足感が得られます。

クリニックに専用の加工機械があれば、当日中に型を取ったり製作することも可能です。

早ければ一本一時間程度というスピード感ですから、忙しくて時間が取れない人にも朗報でしょう。

費用の上昇だけは避けられませんが、美しく安全で早いメリットが備わるので、他の素材と比べたり検討してみる価値があります。

少なくとも十年は使える素材ですから、お手入れの簡単さも相まって、長く使い続けられる上に元を取ることができます。

【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院


【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院

こちらの記事では「オールセラミックが上手い東京で人気のおすすめ歯科医院」をご紹介しています。費用もかなり安いため、セラミックの差し歯を検討している方には一見の価値あり。

関連記事

  1. 東京で前歯の差し歯は安いのか?保険外なのか?が気になる人に

  2. 東京の保険外の差し歯は安いわけではない

  3. 横浜で施術可能なオールセラミックの良さと安いメリット

  4. 差し歯よりも美容に良いとされるセラミッククラウンの値段

  5. 東京で格安のオールセラミックにできます

  6. 東京や神奈川でオールセラミック治療を安い価格で行う方法

カテゴリー別投稿

過去の投稿

  1. 東京でセラミックの歯科治療が安いクリニック

    2018.10.09

  2. 東京でオールセラミックが上手い人気の歯科とおすすめの理由

    2018.09.26

  3. 【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院

    2018.09.25

  4. 大阪で人気があるインプラントよりも安い前歯の治し方

    2018.08.19

  5. 東京でできる!安いオールセラミック製義歯

    2018.08.07