デンティナ―オールセラミックの差し歯が安いと口コミで評判の審美歯科

デンティナのオールセラミックは、天然歯に限りなく近い自然な仕上がりにできる「レイヤリング法」を採用しており、値段が安い割にクオリティが高いと口コミでも評判です。

近年、3万円前後でオールセラミックにできる審美歯科が増えてきましたが、その多くが高品質なセラミック歯を作成できるレイヤリング法ではなく、審美性は劣りますが安い費用で作成できる「ステイン法」という仕上げになっているので注意が必要です。

※レイヤリング法とステイン法の違いに関してはこちらのページで詳しく解説されているのでそちらをご覧ください。

デンティナのオールセラミックの口コミ評判

デンティナのレイヤリング法で作成されたオールセラミックなら天然歯のような自然な見た目にできるだけでなく、オールセラミックは経年劣化による本体の変色もありません。

変色することなくいつまでも陶器のような白さを維持し続けているので、天然の歯と変わらない状態になります。こうした審美的なメリットがあることから、インターネット上のブログなどの口コミ評判を確認すると絶賛されていることが多いです。

オールセラミックのデメリット

しかし万能のように見えるオールセラミックは、保険外の治療になるというデメリットがあります。

保険外の治療になってしまうと、費用は全額自己負担しなければいけません。通常一般的なクリニックで治療を受けると、1本10万円以上、場合によっては20万円ほどになるケースもあります。

ここまで費用が高額になってしまうと、保険外の治療を気軽に選ぶことはできません。口コミでの評判の良さからメリットを感じながらも、経済的な理由から諦めてプラスチック素材を選ぶ患者さんは多くいます。

デンティナの料金

ですがデンティナのオールセラミックなら、1本5万円以下の低価格から治療を受けることが可能です。

さらにデンティナの魅力的なところは、技術料が一律25,000円であることです。一般的なクリニックでは、技術料は1本ごとに請求します。そのため例えば4本の差し歯にした場合、技術料も4倍になるわけです。

ですが技術料が一律なデンティナなら、治療する歯の本数は関係ありません。1本でも4本でも6本でも技術料は25,000円に据え置かれているので、本数が多ければ多いほどお得になるシステムです。

本数が増えても増える料金は義歯の料金だけなので、6本の治療を受けた場合の差額は50万円近くになります。1本からでも十分に安く、本数が多いと半額以下にまでに料金を抑えられることから、ブログなどメディアでの口コミで評判がよく大きく取り上げられています。

高品質な仕上がり

デンティナのオールセラミックが口コミで大きな話題となっているのは、料金だけではありません。保険外でも安い料金に加えて、品質の高さも話題になっている原因です。

低料金でメリットの多い素材を使えても、耐久性などに問題があれば使い続けることができません。しかしデンティナのオールセラミックは、実際に治療を受けた人が絶賛するほど高い品質を誇っています。

安心して使える品質を保ちながら低料金を実現していることこそ、最大の魅力です。安いのに質が高い。これが口コミで評判になっている理由だと言えます。

東京・大阪・名古屋にある提携医院で治療を受けられるため、まずは無料カウンセリングを受けて見積もりを出してもらうことをおすすめします。他の歯科と金額を比較すると数十万円の差になることもあるので驚くかもしれません。

前歯を差し歯にする際に気をつけたいこと

前歯の差し歯を作る際に、最も気をつけたいのは見た目に関わる審美性です。審美性が低いと、見た目が悪くすぐに人工的な歯だと相手に気付かれてしまうでしょう。

前歯は奥歯とは違い、大きく口を開けなくても自然と対面にいる相手には見えてしまいます。天然の歯に比べると違和感が激しいので、できるだけ自然に見える審美性を重視しなければいけません。

一般的に素材として使われているのは、プラスチックです。プラスチックを使うメリットは、他の素材と比べて低価格なところを上げられるでしょう。元々安価に使える素材でありながら、クリニックの治療で使っても健康保険が適用されます。

素材の安さと保険の適用範囲内であるために、治療費の負担が少なくなるのはメリットです。しかし治療費が安くなる反面、プラスチック素材には様々なデメリットがあります。

プラスチック素材のデメリット

まず一つめのデメリットとしては、金属が使われていることです。金属が使われていると、金属アレルギーがある人には使えません。また金属は経年劣化とともに口の中に溶け出して、装着している部分やその周りにある歯茎を変色させます。

さらに変色を引き起こすのは、歯茎だけではありません。プラスチック素材の差し歯は、経年劣化により本体も黄色や茶色に変色していきます。ですからプラスチック素材を選んでしまうと、数年後には前歯や歯茎が黄色く変色してしまい、見た目が非常に悪くなるわけです。

差し歯が話し相手にバレてしまうのは、プラスチックの素材を使っているかと言っても過言ではありません。綺麗な差し歯を作りたいなら、デンティナのオールセラミックを選ぶのも一つの方法です。

【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院


【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院

こちらの記事では「オールセラミックが上手い東京で人気のおすすめ歯科医院」をご紹介しています。費用もかなり安いため、セラミックの差し歯を検討している方には一見の価値あり。

関連記事

  1. ジルコニアとセラミックにある特徴とは?

  2. 東京のクリニックで安い前歯のセラミック差し歯とは

  3. 保険外の差し歯で評判の高い審美歯科ならJapan Dental Frontier

  4. セラミックインレーは人気が高い詰め物!その特徴や費用は?

  5. セラミックは非金属で歯の理想的な詰め物

  6. 大阪で差し歯やセラミックの安い治療

カテゴリー別投稿

過去の投稿

  1. デンティナ―オールセラミックの差し歯が安いと口コミで評判の審美歯科

    2019.09.20

  2. 大阪で人気があるインプラントよりも安い前歯の治し方

    2019.08.29

  3. 東京でセラミックの歯科治療が安いおすすめクリニック

    2018.10.09

  4. 東京でオールセラミックが上手い人気の歯科とおすすめの理由

    2018.09.26

  5. 【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院

    2018.09.25