ジルコニアとオールセラミックの違いとは?

虫歯が大きくなり歯科医師から詰め物の説明を受けた時、何を入れたらよいのか迷われる人は多いと思われます。

その際に、オールセラミックとジルコニアについても説明を受けると思われますが、違いとしてはどんなことが考えられるのか気になるところです。

そこで、それらの違いとは?どんなことが考えられるのかについて解説していきます。

まず、一般的に詰め物をする際に保険治療でできるのが普通の金属製の詰め物とされていますが、金属の詰め物の場合気自然の歯の色と合わせることが出来ないため口を開けた時に金属の色が目立ってしまうというデメリットがあります。

また、金属アレルギーの人は金属が反応してしまうために入れることが出来ないのと、金属アレルギー出なかったとしても長年使い続けることによって金属の素材が徐々に溶け出し、歯茎が黒ずんでしまうことにもなりかねません。

それと対照的に保険適用外の治療における詰め物がオールセラミックです。

金属を一切使わず陶器の素材を使用して作られるもので様々なメリットがあるとされています。

まず、天然の歯と同じ色に合わせることが出来るため、被せ物をして口の中を見られてもほぼ天然の歯なのか人工の歯なのかわからないくらいにまで色を合わせることが出来るため金属の詰め物より目立たないという点があります。

また、金属を全く使用しないことから金属アレルギーの人でも反応することなく安全に詰められるのも大きなメリットと言えるでしょう。

ジルコニアとオールセラミックの違いとは?

プラスチックなどで詰め物をする場合、コーヒーやワインなどの着色汚れがなかなか取れないことが気になる人も多いと思われますが、そういった汚れが付きにくいのも特徴の一つです。

万が一汚れが付着した場合にもクリーニングをすればすぐに落ちるので問題ありません。

ただ、気になる点としては保険外治療となるので費用が高額となることと、陶器なので強い力が加わると割れやすいという点があります。

では、ジルコニアとはどんな素材なのかについても考えてみましょう。

この素材はオールセラミック素材の種類の一つであり、ジルコニアは人工ダイヤモンドと同じ元素を持つ非常に強度の優れた酸化ジルコニウムを安定化させた素材でできた詰め物とされています。

奥歯やブリッジなど、強い力が加わる場所の歯に使用されることが多い素材で、金属の様に素材が溶け出す心配がないのでセラミックの土台として使われることもあります。

ただ、大きな違いとしてはあまり透明感がないため表面に使用する場合にはプラスチックのようなツヤのない仕上がりになることが多いとされています。

ちなみに、ジルコニアが使用される前に使われていたのが酸化アルミニウムという素材で強度はそれほど強くないとされていますが、フレームなどに使用されていたようです。

これらの素材の費用としてはどのような違いがあるのでしょうか。

基本的にこれらの治療にかかる費用は保険適用はできず保険外治療となりますのでそれなりの費用がかかることは否めません。

加えて、保険外治療の場合はそれぞれの医療機関の料金設定によって異なるのが一般的ですが、相場はどのくらいなのか知りたい人もいることでしょう。

まずオールセラミックで詰め物をした場合、どのように被せていくかによっても異なりますがインレーの場合はだいたい3~5万円程度が相場とされています。

クラウンの場合には8~15万程度とされておりフレームや土台に何を使用するかによっても異なってくることが考えられます。

一方、ジルコニアにかかる費用としてはどのくらいなのか気になるところですが、インレーの場合には4~5万程度が相場であり、クラウンの場合には6~10万とされており比較的こちらの方が安く仕上がると考えて良いかもしれません。

ただ、ツヤの良さなどを考えたら高かったとしても断然オールセラミックの方が良いと言えますが、強度の点に関してはジルコニアが良いと言えます。

費用が高い感じる人の場合には、陶材とプラスチックの素材と混ぜ合わせたハイブリッドを使用するとさらに費用が抑えられると言えます。

最近では一部保険適用が可能になったことと、やはり強度の観点からというとこちらの方が上部と言えますので噛み合わせが強い人やせっかく入れた詰め物が歯の力が強くて壊れやすいという人はハイブリッドを検討するのも良いかもしれません。

それぞれの特徴と違いについて考えてみましたが、せっかく詰め物を入れるのであれば入れた後に後悔しないようにするのが一番と言えます。

もちろん、お財布との相談や強度の観点から何を入れていくかということもあると言えますが色や形、素材に後々文句を言わないようにするためにも自分が入れたいと思った素材のものを詰めていくのが一番良い選択であると言えるのではないでしょうか。

特に女性の場合、見た目が気になって一目で笑えないというコンプレックスがある人は値段で考えるのではなく、素材の良さを第一にどんな素材で詰めるのかを考えてみるのも良いのではないでしょうか。

【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院


【オールセラミックが上手い】東京で人気のおすすめ歯科医院

こちらの記事では「オールセラミックが上手い東京で人気のおすすめ歯科医院」をご紹介しています。費用もかなり安いため、セラミックの差し歯を検討している方には一見の価値あり。

関連記事

  1. 東京でセラミックの歯科治療が安いおすすめクリニック

  2. 東京の保険外の差し歯は安いわけではない

  3. ジルコニアとセラミックにある特徴とは?

  4. セラミックインレーの特徴と詰め物にする際の費用は?

  5. 保険外の差し歯で評判の高い審美歯科ならDentina

  6. 東京でできる!安いオールセラミック製義歯

カテゴリー別投稿

過去の投稿

  1. 東京でできる!安いオールセラミック製義歯

    2019.12.07

  2. デンティナ―オールセラミックの差し歯が安いと口コミで評判の審美歯科

    2019.09.20

  3. 大阪で人気があるインプラントよりも安い前歯の治し方

    2019.08.29

  4. 東京でセラミックの歯科治療が安いおすすめクリニック

    2018.10.09

  5. 東京でオールセラミックが上手い人気の歯科とおすすめの理由

    2018.09.26